今週の予想(GⅠ ヴィクトリアマイル)

【GⅠ ヴィクトリアマイル】

1年ぶりのレースがGⅠとなるデアリングタクト、無敗の芝マイルに戻ってきたソダシとレイパパレ、去年のヴィクトリアマイル以来となるマイル戦のレシステンシアとファン目線では楽しみな、予想目線では難解なレース。上位人気馬にはそれぞれ不安要素があり、情報をどのように扱うかが全て。その中でも左回りの適性に着目し今回は予想を組み立てる。

2 ソングライン

11 ファインルージュ

15 アンドヴァラナウト

6 ディヴィーナ

13 レイパパレ

4 マジックキャッスル

18 テルツェット

本命は東京左回りでまだ底を見せていないソングラインから。内枠を引いたのはスタートがうまいこの馬にとってはかなりの好材料となる。また長くいい脚を使う点も魅力で、今回は瞬発的な切れ味勝負というよりは、スピードの持続力が試されるレース展開になると予想する。その展開であればスタートから好意につけて粘り込めるだけの力はある。

対抗には同じく左周りの適性が高そうなファインルージュ。オークスは距離適性がなかったと判断して参考外。前走の東京新聞杯でもギリギリ脚を伸ばしていた点は今回想定する展開に合う。この本命対抗の2頭が前を行くであろうソダシやレイパパレを直線で差し切るような展開になってくれるとおいしい。

穴ではアンドヴァラナウトとディヴィーナ。アンドヴァラナウトは少し引っ掛かるところがあるので評価を下げたが、このメンバーに入ってもひけをとらない。前々で運べる点も好材料で前走は斤量差が無ければ買っていてもおかしくない。ディヴィーナは条件戦からの上がり馬であるため過大評価はできないが、それでも穴ならおいしいと感じさせる安定感がある。血統的にもマイルが1番合うと見れるし、直線の攻防で馬群にノマれる位置でなければ伸びてきてもおかしくはない。

それ以外だとマイルに戻ってくるレイパパレの前半のスピード力は流石に馬券外には外せない。近走流れについていけない感はあるものの昨年の再現ならマジックキャッスル。テルツェットは鞍上の大外からの思い切った騎乗を警戒しておく。

(参考買い目)

3連複

2 11 ー 6 13 15 ー 1 2 4 5 6 11 13 15 18


当ブログでは毎週重賞レースを中心に予想を不定期で公開!

ただ今競馬予想AIを絶賛開発中!

競馬予想AI開発後は、重賞レース以外のレース予想も続々公開予定です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました