今週の予想(GⅠ オークス)

【GⅠ オークス】

3歳牝馬にとって過酷な距離の2400m。距離延長にどこまで対応できるかというよりも能力値、完成度の高さを中心に予想を組み立てる。桜花賞馬のスターズオンアースはモタれるクセが馬群の中に入ることによってたまたま解消された形になった。今回は大外枠と言うことで直線向いた時にまた悪いクセが出るような展開になるのではと読む。もちろん位置取り次第ではあるが、今回は消して考える。

6 サークルオブライフ

1 ウォーターナビレラ

4 ルージュエヴァイユ

9 エリカヴィータ

3 アートハウス

15 ピンハイ

17 ニシノラブウインク

現在GⅠで1番人気が立て続けに連敗しているがここは軸に安定するサークルオブライフから。もともと距離が長い方が適性があると言うふうに見立てていたので、桜花賞からの逆転は十分に可能と見る。特に桜花賞では唯一大外から脚を伸ばすと言う展開としては悪い中でも最後は先頭に迫っていた。桜花賞をプラス体重で出走してきたことも大きなポイントで、王道のローテーションの中でも馬自体の上積みが見られる。左回りも問題なく、1着は厳しいかもしれないが、安定感としてはピカイチだ。

対抗には前からオークスでの距離適性が不安視されているウォーターナビレラ。スタートからの行きっぷりやスピードの持続性を考えるとやはりマイルくらいがちょうどいいのかもしれないが、今回は距離適正に不安のある間が多く、現時点での完成度の高さはこの馬は間違いなく上位であることから押し切れると見立てる。本当に距離の不安があればNHKマイルカップに向かってもおかしくないと思うので、オークスに挑んでることを考えれば、陣営も勝機を見出していると見る。

穴では4と9を推す。ルージュエヴァイユはスタート難で、前走もスタートで上手く出れずにそのまま直線でも進路を取れずに消化不良のレースとなっていた。それでも追い出せてからは一段違う脚を使っており、今回こそモマれなければ届く脚は持っている。エリカヴィータは前で渋太い競馬ができており、前走は評価が高い。前目で運ぶ馬が多い中でも流れに乗り早仕掛けをしなければ前目の有力馬とともに残す可能性は十分にある。

それ以外だとこれまで大きく負けてない中でも人気がなく、末脚勝負なら全然可能性のあるピンハイ。エピファネイア産駒で東京だと直線の上がり3ハロンで確実に脚を使えるニシノラブウインクは相手として抑えておきたい。

(参考買い目)

3連複

6 ー 1 4 9 ー 1 3 4 9 15 17


当ブログでは毎週重賞レースを中心に予想を不定期で公開!

ただ今競馬予想AIを絶賛開発中!

競馬予想AI開発後は、重賞レース以外のレース予想も続々公開予定です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました